課題解決への支援|電子カルテで職場の効率がアップ|仕事が楽しくなる

電子カルテで職場の効率がアップ|仕事が楽しくなる

メンズ

課題解決への支援

握手

需要が高まるコンサル

インドネシアは親日国のひとつであり、日本企業も数多く進出しています。経済成長が目まぐるしく労働人口も数多く需要が高い国のひとつでもあります。しかし年々発展する経済成長に対して課題も生じています。インドネシアの企業がコンサルティングを利用する背景には、課題解決にどのように取り組むべきか悩んでいる事もあるのです。一つは従業員の賃金上昇です。経済が発展するとそれに伴い賃金上昇も伴います。労働賃金が安ければ、利益を上げることが可能ですが、人件費が高騰すると利益を圧迫します。コスト管理の最適化に課題を感じている企業も多いのです。それに追加して現地人材の能力や意識です。賃金も含まれますが、評価などをどのようにすべきなのかコンサルティングに相談しているのです。

現地ならではの課題

インドネシアと日本の関係についても海外を拠点にする特徴があるコンサルティング内容があります。通関などの問題です。ビジネススピードが飛躍的に向上している割には、通関のスピードは遅くこれに課題を感じている企業もあります。そして現地通貨問題です。為替レートが大きく左右しますので、この変動にどのように対応すべきなのかを悩むケースもあるのです。全体的なコスト上昇も問題もコンサルティング内容になっています。日本も同じ道を経験してきたとは言え、時代の背景は異なります。そのため同じ解決策が必ずしも通用するとは限らないのです。インドネシアの実情に合わせた一つ一つの課題解決が求められているのです。そのためコンサルティングの需要も同時に拡大しているのです。