スムーズな海外起業|電子カルテで職場の効率がアップ|仕事が楽しくなる

電子カルテで職場の効率がアップ|仕事が楽しくなる

メンズ

スムーズな海外起業

街

申請代行サービスを利用

インドネシアで会社を設立したい方は、自分で全ての書類作成や申請を行う場合と弁護士事務所や会計事務所にお願いをする方法に分かれます。会社設立にはインドネシア語での申請書を作成し、申請する必要があります。インドネシア語に長けている方は問題ありませんが、語学力に不安がある場合は代行業者にお願いすることが簡単です。インドネシア国内でも、英語、日本語、インドネシア語に対応できる弁護士事務所が多くありませんので、代行業者が相場以上の報酬を請求することもあります。代行業者を選ぶ際には、時間に余裕を持って、費用面でもしっかりと比較する必要があります。日本に居ながらでも手続きをスムーズに進めるために、迅速な仕事をしてくれ、コミュニケーションがしやすい業者を選びましょう。

起業の流れとは

インドネシアで会社設立すると、その会社設立者の国籍に関わることなくインドネシアの会社としてみなされ、国内法の遵守をしなければなりません。会社設立について、法務省に登録必要があり、法務省より承認を得ると、会社登録証が発行されます。外国人を雇用する場合には、労働移住省の承認を得る必要があり、資材などを輸入する場合には、商業省に申請しなければなりません。会社の登記自体も日本よりも費用と時間がかかることを覚えておきましょう。さらに、会社として登記後も業種によって許可を得る必要があるものもあるので、コンサルタントや現地で起業している同業種他社などを参考に、事前準備をしっかりしたうえで会社設立をしましょう。